債務整理

債務整理
友人やもしくは知人などから借金の保証人になって欲しいと言われた場合には、断る事を強くおすすめします。もし多額の借金を抱えた場合には、債務者と一緒に債務整理を行って破産宣告をしないといけない場合もあります。

債務整理を行うとその後も大変な場合が多いのでなるべく避けたいですね。

そのためには、困っている友人等がいれば、借金という形ではなくて、現金で必要な分だけ貸してあげるといいでしょう。もしもの事を考えた時にその方がリスクは少なくなります。現金で貸してあげた場合には、返ってこなかった場合にも、そのお金のみです。

借金の様に膨れ上がる事はありません。更に、取り立てが来たりする事もありません。